活動報告
/Report

寄附状況・事業報告

寄附のお礼

寄附者の皆様のおかげで、世界中で優れたグローバル人材が活躍しています。
  • 世界の健康課題解決のためにできることを

    長崎大学熱帯医学・グローバルヘルス研究科国際健康開発コース1期生(2015.10~2017.09)の鎭目琢也です。入学前は青年海外協力隊(理学療法士隊員)としてソロモン諸島で活動しておりましたが、自身の力不足を痛感するとともに、もっと途上国の人々の健康のために役に立ちたいという思いから、実績と経験のある長崎大学への進学を決意しました。修了後はJICAに入構し、継続して国際協力・グローバルヘルスの現場に身を置いております。

    大学院では座学のほか、タイとラオスで計5ヵ月のインターンを実施し、研究活動としてラオス南部のメコン住血吸虫症の感染状況について、保健省と協力し3か月にわたる調査を実施しました。基礎から実践までグローバルヘルスを網羅的に学ぶことができ、また同じ志をもつ仲間に出会うことができ、同分野に実務者として関わるうえで、かけがえのない経験を積むことができました。

    私たち一人一人が心おきなく勉学に専念できるように、素晴らしい環境を整えて下さった長崎大学グローバルヘルス基金のご支援に感謝するとともに、皆様のご期待に応えられるよう、これからも人々のより良い生活を目指して世界の健康課題に取り組んでいきます。

  • TMGHでの学びをコロナ禍における公衆衛生問題の解決に生かす

    当時私はサラヤ社のスタッフとして働いており、日本政府からABEイニシアティブプログラムについて案内を受けました。このプログラムは、アフリカの若者に日本の大学で学び、日本企業でインターンシップを経験する機会を提供するものです。この機会をきっかけに、公衆衛生の修士課程を提供している大学を探すようになり、私にとってTMGHが最善の選択肢であると判断しました。LSHTMと連携している点やカリキュラムにフィールドワークや長期海外研修、修士論文に係る研究を行える機会が含まれている点がユニークだったからです。 TMGHでの留学経験は、アフリカやアジア諸国から来た学生の多様な見解が得られると同時に、様々な状況下での公衆衛生問題に関する意見やアイディアを仲間と共有することができました。また学術面においても、修士論文執筆及び公開審査で必要とされるプレゼンテーションスキルや英語のライティングをはじめ、参考文献の検索方法等の指導も受けることができ、TMGHの講師陣は論文執筆の過程を通じて非常に丁寧に指導してくださいました。

    長崎大学で得られた研究スキルは、現職であるサラヤの衛生管理者としての仕事において、コロナ禍における公衆衛生問題に関する判断力を向上させてくれたと確信しています。私は現在、修士課程在籍中にインターンを行ったWHOの研究チームと協力しながらウガンダで研究を続けています。最後に、指導教官、スタッフ、長崎大学、サラヤ社、国際協力機構、そして寄附者の皆様の支援に心より感謝をいたします。

    *TMGH:長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科
    *LSHTM:ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院

  • カメルーンで熱帯感染症専門医を育成する

    カメルーンの地方開業医として働いていた私は、これまで多くの熱帯病と関わってきました。その際特に困難だったことは、その病気に対する国際的な規範等をどうやってアフリカの地方の実態に応用させるかということでした。この経験が、熱帯医学についてもっと勉強したいと思ったきっかけとなりました。プログラムの多様性、幅広い領域の講義内容、そして日本文化に魅力を感じ、TMGHに入学することを選択しました。TMGHでは、LSHTMを始め世界中の教育機関に属する講師が行う講義を受けることができ、まるで日本とロンドンの両方に留学しているように感じました。2019年TMGH入学後、出会ったスタッフはみな素晴らしく、世界クラスの研究室や関連分野での豊富な経験を生かした講師陣の講義を通して熱帯医学について学ぶことができました。TMGHで勉強できたことは素晴らしい経験で、これも最適な学習環境を作ってくださったスタッフのおかげだと思います。

    熱帯医学の修士号を取得できたことで、故郷アフリカの田舎で蔓延している熱帯病に、国際的な解決策を適応させることのできる、専門性の高い知識と技術を備えた科学者へと成長する第一歩を踏み出せたと感じます。またこのことは、カメルーンの政策立案においても不可欠な役割を果たすことへと繋がると確信しています。現在はカメルーンのヤウンデで働いており、新たな挑戦を始めています。多くの臨床経験を積み、最終的には感染症、特に顧みられない熱帯病の博士号を取得する予定です。非感染性疾患も着実に増加しているという熱帯医学の新たな課題もありますが、私は故郷で研究を基盤とした医師の教育と熱帯感染症との闘いに貢献できることを目標としています。長崎大学グローバル基金とALN奨学金の寄附者の皆様、特にSYSMEX様のおかげで、経済的な負担を担うことなく、大学での素晴らしい経験を得ることができたことを、ここに感謝いたします。

    *TMGH:長崎大学大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科
    *LSHTM:ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院
    *ALN奨学金:アフリカ-ロンドン-ナガサキ奨学金

PAGE TOP